*

EclipseにGWT(Google Web Toolkit) Plugin for Eclipseを入れようとしてハマった

公開日: : Google Web Toolkit, GWT, IDE, PHP

最近PHPでちょっとした業務システムを作りました。業務システムの特徴として
1,フォーム数が多い
2,複数フォーム同士が何かしら連携して意味をなしている
といったことがあり、画面の設計等も通常のWEBサイトとはまた違った面倒くささがあります。
今回は、PHP用のフレームワークとテンプレートエンジンを併用しましたが、ないよりはマシですが
やっぱり 手間隙はそれなりにかかるな〜という印象です。

特に、フォームの設計は 何かもっといい方法ないのかな〜と感じていて 画面設計用のツール類もいろいろ調べました。

その中で、GWT(Google Web Toolkit)で提供されている、Plugin for Eclipseの付属のGWT Designerに興味を持ってインストールしようとして
ハマったので 解決策を書いておきます。

GWTはGoogleが提供している、JavaによるWEBアプリケーション開発ツールです。
ブラウザ側の処理も全てJavaで記述し、HTML、Javascriptに変換されるため、HTML、Javascript、Javaのコードそれぞれ書く必要が
なくなり、作業の効率化が期待できます。特に業務系WEBシステムの開発には向いているのではないかと思います。

GWT Plugin for Eclipseをインストールする

Eclipseは既にインストール済みという前提で話を進めます、今回はEclipse4.3Keplerを使います。
GWTのサイトにも書いてありますが 手順は以下のようになります。
スクリーンショット 2014-06-28 10.17.13



スクリーンショット 2014-06-28 10.22.54
メニュ→ヘルプ→新規ソフトウェアのインストールを選びます


スクリーンショット 2014-06-28 10.23.50
作業対象の欄に、http://dl.google.com/eclipse/plugin/4.3 と入力します、しばらくすると インストール可能なプラグイン一覧が表示されます。
「次へ」ボタンを押します。


スクリーンショット 2014-06-28 10.28.03
インストールプラグインの一覧が出てきます。インストール方法を指定できますが、今回は 既にインストール済みのパッケージもアップデート版があればアップデートするようにしました。


スクリーンショット 2014-06-28 10.28.24
インストールプラグインとアンインストールプラグインの確認画面です。


スクリーンショット 2014-06-28 10.28.41
インストールプラグインのライセンスを確認します。


スクリーンショット 2014-06-28 10.28.55
プラグインのダウンロードとインストールが始まります。


スクリーンショット 2014-06-28 10.29.20
インストールパッケージによっては、署名なしのものがあり、こうしたアラートが出たりしますが、今回はOKを押して続行します。


スクリーンショット 2014-06-28 10.29.40
インストールが終了しました、Eclipseを再起動します。


ここまでで、プラグインのインストールは完了です。

GWTプロジェクトを作って、GWT Designerを出してみるとエラーが出る

スクリーンショット 2014-06-28 10.44.42
メニュー→新規→プロジェクトを選びます。


スクリーンショット 2014-06-28 10.44.52
Google→WEBアプリケーションプロジェクトを選びます


スクリーンショット 2014-06-28 10.47.34
プロジェクト名、パッケージ欄を記入します。GoogleAppエンジンを利用するのチェックを外し、プロジェクト・サンプル・コードを生成するにチェックを入れます。


スクリーンショット 2014-06-28 10.48.15

スクリーンショット 2014-06-28 10.48.38
プロジェクトの中からsrc→com.lisonal.gwt.client(プロジェクト作成時で変わります)→GWTsample1.java(プロジェクト作成時で変わります)
を選び、マウスの右ボタンを押し、メニューを出します。
次で開く→GWT Designerを選びます。


スクリーンショット 2014-06-28 10.49.01
GWTsample1.javaが開きました。下部の「Design」タブを選びます。


スクリーンショット 2014-06-28 10.49.24
エラーが画面がでました・・ガックリです orz


解決策

スクリーンショット 2014-06-28 12.51.15
http://www.gwtproject.org/download.htmlからGWT SDKをダウンロードします。
ダウンロードしたZIPファイルを展開します、私はホームディレクトリの直下に展開しました。


スクリーンショット 2014-06-28 12.55.14
プロジェクトアイコンを選んで、マウス右ボタンでプルダウンメニューを出します。
Google→WEBツールキット設定 を選びます。


スクリーンショット 2014-06-28 12.55.42
画面右にある、「SDKの構成・・・」をクリックします。


スクリーンショット 2014-06-28 12.55.59
画面右の「追加」ボタンを押します。


スクリーンショット 2014-06-28 12.56.26
GWTを展開したディレクトリを指定します。表示名は自動的にディレクトリ名が割り当てられます(自分で編集も可能)


スクリーンショット 2014-06-28 12.56.51
WEBツールキット2.6.1が追加されました、gwt-2.6.1にチェックを入れて「OK」ボタンを押します。


スクリーンショット 2014-06-28 12.57.08
デフォルトSDKを使用 が 2.6.1に変わっていることを確認して、「OK」ボタンを押します。


スクリーンショット 2014-06-28 12.58.46
一旦、GWTsample1.javaを閉じ、再度開いて、「Design」タブを選ぶと・・出ました!GWT Designer!

まとめ

最初に入れるGWT プラグインが 2.6.1が入ってくれれば問題ないのですが、2.6が入ってしまい、こんな面倒なことになっています。

GWTは 国内ではあまり流行ってない印象ですが、しばらく使ってみて 使い勝手をレポートしてみたいと思います。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FileQ Hosting 月額99円 容量1GB


サイト管理 Mezzanine
Django上で動くCMS Mezzanine 用のモジュールを作ってみる その1

Django上で動くCMS Mezzanine上で動く、モジュールを作

ホーム Mezzanine
Django上で動くCMS Mezzanine を インストールする MacOSX Yesemite 編

Mezzanineは Django WEBフレームワーク上で動くCMS

EclipseにGWT(Google Web Toolkit) Plugin for Eclipseを入れようとしてハマった

最近PHPでちょっとした業務システムを作りました。業務システムの特徴と

ブログを半年やった成果を Google Analytics から眺める

今年の1月からブログを書き始め、そろそろ半年が経とうとしています。

母校で特別 講義をやってきました。

少し 間が空いてしまいました(^_^;) ちょっと前になりますが

→もっと見る

mautic is open source marketing automation
PAGE TOP ↑